ハンドメイドで稼ぐためには売り方にコツがある。

ハンドメイドブームはまだまだ健在。
メディアでもハンドメイド作品を売るサイトやm趣味から始めたハンドメイドで収入を得る人がとく取り上げられます。

ハンドメイド作家として収入を得たい!

と考えて活動をはじめてもなかなか売れなくてあきらめた・・・という人も沢山いるのが事実。

では、同じような作品を出品していても売れる人と売れない人の差って何なのでしょうか。

ネットでハンドメイド作品が売れる人が実際に工夫していること

定期的に作品をアップし集客、新たな作品作りを惜しまない

ネット上でハンドメイド作品を購入するとき、「一目ぼれで即決!」という買い物の仕方をする人は少数派です。
気に入ったお店や作品があれば、何度か訪問して活動の様子や他の作品を見てから買う人がほとんど。
お店に行くたびに、新しい作品が紹介されていると「意欲的な作家さん」という良いイメージが付きますよね。
逆に、いつまでたっても同じ商品ばかりで目新しさが無いお店は「つまらない」ものです。
根気よく定期的に作品をアップしたり、紹介ページを更新する事は、作品を売るための大切な作業の一つでもあるのです。

作品の写真にこだわる。作品をより魅力的に写す

ネット上で商品を紹介するとき、一番重要なのが「写真」です。
作品をただテーブルに置いて写しただけの写真と、作品のイメージやコンセプトに合わせた小物やシーンを考えて撮影された写真では絶対に後者の方が目を惹きます。
商品の魅力をより明確に写真に写すことは、練習やコツも必要になりますが、一枚で目を惹く写真を準備できれば売れる作家さんへの第一歩。

写真なんてわからないよ~という人でも、実際に売られている作品の写真を参考にしてみると意外と素敵な構図がひらめくものです。
時間をかけて作った作品をより素敵に写真に収め、ファンを増やすことで、売れる作品は作られていくのです。

リピーターやファンを増やす努力を惜しまない

一度作品を買ってくれた人にファンになってもらい、リピーターとして再び作品を買ってもらうためにはやっぱり「作品のクオリティーをあげる」事も大切だと言います。
画面上ではとても素敵な作品なのに、実際に手に取ってみたらなんだか安っぽい。なんて思われたらファンにはなってもらえませんよね。
人気作家さんにはそれに見合う数のファンがいて、ファンに支えられて作家さん達は活動を続けて行けるのです。
作家さん達がブログなどで制作過程をアップするのも、ファンへの大切なサービスの一つ。製作の過程がわかるというのは購入者側としても安心するものです。

ハンドメイドマーケットの拡充で、誰でも気軽にハンドメイド作品を販売できるようになりました。
けれど、実際に収益を上げれている人はその一部でしかないというのも現実のようです。
売れる人は、作品のクオリティの高さはもちろん、売り方にも色々と工夫を凝らし、作品が沢山の目に留まる努力をしています。
そして、なかなか売れなくても「諦めない」粘り強さがある人はやっぱり強い!

好きな物を作って、ただ売るだけで売れてしまう人は稀な存在。
販売を目的としてハンドメイドをするなら、製作以外の過程にも少し気を配ることがお金に繋げる大切なポイントとなってくるようです。

なかなか売れなくて悩んでいる人、これからハンドメイドを収入に繋げたい人も。実際に売れている人たちの工夫、真似してみてはいかがでしょうか。

参考>>16万名の作家さんによる190万点の作品が集まる国内最大級のハンドメイドマーケット≪minne(ミンネ)≫

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク