手作りをプレゼントして良い相手、ダメな相手

手芸好きだと自分の作った作品を人にプレゼントしたくなるところですが、ちょっと待ってください。
手作りすごいね、と褒めてくれるのは本音でも、それをプレゼントされて「困る」という人も実は多いようです。
本当に仲の良い友人だったり、ハンドメイドが大好きな人なら心配はないと思いますが、手作りに興味ない人に突然プレゼントするのは、実は迷惑、なんてことになってしまう可能性があるので気を付けた方が良いです。

また、今年のクリスマスプレゼントは手編みで彼氏にプレゼント、と考えている人も多いかと思いますが・・・男性の本音はどうなんでしょう?

彼女からの手編みのマフラーは重い?

クリスマスが近くなると多くなるこの質問、とあるリサーチでの統計は

嬉しい・・・72%
重い ・・・28%

だったそうです。
ほとんどの男性は手作り、手編みのプレゼントは嬉しいと思ってくれるようです。
大好きな人が頑張ってくれたんだから嬉しくて当たり前すよね、あまり気にせずに手作りプレゼントしても良いみたい。
一昔前だと、彼氏への手編みは絶対NG、のような時期があったんですが、最近では手編みが嬉しいと思ってくれる男性が増えているみたいですね。
しかし、そのプレゼントを喜んで使ってもらえるかどうかはまだ別の問題。
「もったいなから」と使わないのはデザインがダサかったり、仕上がりが下手くそなのが原因かも。
確かに初めての手編みで編み目がガタガタ、のマフラーだと身に着ける彼氏もちょっと可哀想です。
プレゼントの前に少しは腕を磨いてから作品を作るくらいの気づかいは、絶対に必要です。
プレゼントなんだから、彼が身に着けても恥ずかしくない物を作る努力はしなくちゃいけないんです。

手作りを無条件で喜んでくれるのは・・・誰?

手作りの作品をプレゼントして確実に喜んでくれるのは、やっぱり家族。
特に子供はママの手作りが大好きです。
もちろん旦那様も奥様の手作りは嬉しい物。
そして、いくつになっても我が子が作ってくれた作品は親にとって素敵な宝物ですよね。
素人作品でも気兼ねなんてしなくて大丈夫、どんどん作って家族にプレゼントしましょう!
自分の作品を誰かに使ってもらえるって本当にうれしいです。
誰かのために作るって本当に楽しいです。
まだまだ下手くそだからこそ、家族のために。愛のこもった手芸をしてくださいね。

私も今年の冬は家族のために、沢山編み物頑張ってます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク