100円で買ったかぎ針編みの本が意外と使える!

100円ショップのキャンドゥに行ったら、かぎ針編みの本があったので購入してきました。
hon100
「How to Knitting よくわかるかぎ針編みの基礎テクニック」という本なんですが。
中身は本当にかぎ針をはじめて持つ人のための基礎の基礎が書かれた本です。
編み糸の持ち方、かぎ針の持ち方から用具の説明、編んでる状態の手の形の説明から始まります。
編み図の読み方と編み図記号の編み方が記されてしますが、実際に編むためのモチーフ等の編み図はありません。
私は編み図を読めないので・・・「編み図図鑑」としてこの本を購入しました。
60個もの編み方が載っているので100円以上の価値がありますよ、永久保存版決定です。
編み方なんて基本の細編みと長編み位しか知らなかったのですが、こんなに沢山の編み方の種類があったなんてびっくりです。
編み図がわからない、とかいろんな編み目を編めるようになりたい人はぜひ100円お店で探してみてください。
キャンドゥの他にセリアやスーパーなどの手芸コーナーでも置いているそうです。

ごしょう産業株式会社さんが発行の本

実はこの本、「毛糸のピエロ」や「あみこもびより」を運営するごしょう産業株式会社という会社が発行しているんです。
毛糸を作ってる会社が出してる本だから、こんなにわかりやすいんだぁ、と納得。
ごしょう産業さんでは運営しているSHOPなどを通じてWeb上に編み図も公開してくれているので、この本を片手におけば編み図をみながら編み物なんて事が出来ちゃいます。
また、同じシリーズで編み図の記された本も100円ショップで売ってるので一緒に購入しても良いですね。

かぎ針編み上達にはとにかく編むこと!

編み物が上手になりたかったら、練習あるのみ。
沢山編んで、体で覚えていくのが大切です。秋冬限定でしか編み物をしない私ですが、おととしよりも去年、去年よりも今年の作品が編み目も綺麗で揃っているなと思います。
これからまた編み物シーズン到来で沢山編む予定ですが、今年は子供たちのために帽子を編みたいと思っています。
去年も編みましたがどうにも不恰好なので、今年は再チャレンジ!
きっと去年よりも綺麗に編めるはずです(たぶん・・・)
どんなこともまず練習、上達したら作品の幅も広がるし、編み物が好きで止められなくなっちゃいますね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク